クレジットカードで借金する前に知っておきたいメリットとデメリット

クレジットカードで借金する前に知っておきたいメリットとデメリット

クレジットカードを使って、借金することは簡単です。
まず、クレジットカードを作る際にキャッシング枠を設けておきます。

 

お金が必要になったら、コンビニや銀行のATMに
クレジットカードを入れてキャッシングのボタンを押せば、
現金を手に入れられるのです。

 

キャッシュカードの場合は、コンビニで使えるとは限りませんが、
クレジットカードなら国内のコンビニだけでなく海外でも
ATMでお金を調達できるので大変便利だと言えるでしょう。

 

海外では、現地の通貨を獲得でき、両替の必要がありません。
キャッシュカードより現金を入手しやすいクレジットカードは、大変便利です。

 

そこで、急にお金が必要になった時のために、
クレジットカードをいつも持ち歩いています。

 

クレジットカードでショッピングするだけでなく、
現金の持ち合わせがなくて困ることが無いよう、
財布に入れているのです。

 

 

クレジットカードの借金にはいくつか注意点があります。
まず、一括払いのショッピングと異なり、利子が付くことです。

 

利子はキャッシングの手数料より高いので、
クレジットカードのほかに残高のある口座のキャッシュカードを持っている場合は、
日中銀行が開いている時間帯なら。

 

銀行を探して預金口座から下した方が良いでしょう。

 

また、返済期日までにお金を返さないと、ブラックリストに載せられることもあります。
もちろん、多少遅れても振り込みで返済すれば、ブラックリストに載ることはありません。

 

ただし、何度も遅れたり長期にわたり返済が滞ったりすると、
複数のカード会社が共有するブラックリストに載り、
他のカード会社との取引も難しくなるため、注意しましょう。

 

 

 

クレジットカードがあれば、簡単に借金できて便利なのでいつも持ち歩いているものの、
気を付けなければならない点があります。

 

クレジットカードは保険が付いており、誤って落としたり盗まれたりした際も、
不正使用された分について保険会社がカバーしてくれることになっていますよね。

 

だから、万一クレジットカードを失っても、
他人に悪用された分について自分が支払い義務を負わないと思っている人は多いでしょう。

 

しかし、これはショッピングに限った話で、キャッシングの場合には適用されません。
暗証番号を他人に知られてキャッシングの利用をされた場合は、
保険会社が弁済してくれないのです。

 

したがって、便利だからといって、
キャッシング枠を大幅に増やすことはリスクを伴うことも忘れないようにしましょう。
私の場合キャッシングはせいぜい10万円程度に抑えています。