クレジットカードで借入れを利用した際に注意しておきたい利子について

クレジットカードで借入れを利用した際に注意しておきたい利子について

利子とは、借りたお金に対して追加で支払うお金の事を言い、
キャッシングサービスなどによって金額は異なります。

 

一般的な金利は年15~18%となっていますが、
クレジットカードによって金利の幅が大きく変わるので注意しましょう。

 

自身の体験としては、この利子をしっかりと把握しておかなかったばかり、
返済にかなりの時間がかかりました。

 

本来借りたお金に対して毎月利子を支払うので、
完済するまでの時間が長びくほど支払う金額が増えます。

 

私はこの利子に関しての知識をしっかりと把握していなかったたけ、
元金の倍近くの借金を返済する事になりました。

 

 

利子の計算方法は、借りたお金×金利÷365日×30日が利子になります。
つまり、年単位で決まった利息に対して月々に分けて利子と借入れ金を返済していく形になっているので、
早く完済できれば、当然利子に対する支払い金額を抑える事が可能です。

 

よくCMなどで借入れは計画的にとありますが、本当にその通りです。
返済計画も立てずにお金を借りてしまい、利子が思ったよりも高く、
元金の返済に当てるお金がないといった状況になってしまう危険があります。

 

私は利子だけを数年支払い続けていたため、膨大な金額を支払い続けています。
利子の事や返済計画をしっかりと立てて借りていればもっと早くに完済でき、
さらに本来支払っていたお金を趣味などに回す事ができたと思うと悔やみきれません。

 

 

クレジットカードでおすすめなのは銀行系です。
キャッシングやローンなど幅広く対応しており、
利子も比較的良心的となっています。

 

もし、急な出費などで急遽お金が必要な時はアコムなど
初回に限り利子が発生しないクレジットカードなどを選ぶ事で急場を凌ぐ事ができます。

 

もちろんこれはすぐに全額返済できる事が前提です。

 

もしすぐに完済できなければ、利子は他のクレジットカードよりも高い傾向があります。

 

つまり、長期的に借入れをする際には利子が安い銀行系のクレジットカード、
すぐに返済できる場合には初回もしくはその月に返済できれば
利息なしのクレジットカードを選ぶ事で利子を抑える事ができます。

 

利子の事を把握しておき、
私のようにクレジットカードで失敗をしないように注意しましょう。

クレジットカードで商品を購入するときにできるだけ利息を払わずに済む方法

初めてクレジットカードを持ったとき、分割払いが利用できるのが嬉しくて仕方がありませんでした。
何十万円もする高額な物でも10回払い、20回払いにすれば買えるということに心が躍ったのです。

 

それで、カードを使い始めた頃は1万円とか2万円ぐらいのものを買ってもわざわざ分割払いにしていたのですが、
収入が少ない月にカード会社から送られてくる明細書を見ると、
分割払いの利息が無駄に思えました。この利息がなければ、
もう少し楽に返済できるのにと思ったのです。

 

 

それで改めてクレジットカード会社から送られてきたカードの使い方が書かれている冊子を読んで、
利息が少ない分割払いというのはないのか探してみました。
そうしたらあったんです。

 

私が利用しているのはJCBカードですが、
JCBは翌月一回払い、分割払い、リボ払いの他に二回払いというのもあるんです。

 

ようするに二回の分割払いということになりますが、
これだと利息がかからないんですよね。

 

二万円の商品をカードで買った翌月と翌々月、
一万円ずつ返済すれば済むのは家計に優しく、
早速、使うことにしました。

 

 

そしてもう一つ、ボーナス一括払いというのがありました。
この返済方法は最初から知っていたんですが、
公務員などボーナスが支払われる人のみが選択できる返済方法だと思っていたんです。

 

クレジットカードを申し込むときに自分の職業を記載しますが、
その職業でボーナス一括払いを使える人と使えない人が選別されるんだと思っていました。

 

ところがカードの使い方のどこを読んでもそんなことは書かれていなくて、
カードを持っていれば誰でも選択できると気づいたんです。

 

 

それで、試しにボーナス一括払いで洗濯機を購入してみたんですが、
まったく問題ありませんでした。

 

しかもボーナス一括払いは翌月一回払い、
二回払いと同じく利息がかかりません。

 

それで、返済を何ヶ月も後にできるんです。

 

これは実質的に分割払いとほとんど変わりませんし、
それでいて無利息というのは本当にお得だと思いました。
今でもよく利用している返済方法です。